暗号化のニュースウォール・ストリート・ジャーナル:コインベースの解雇要求は可能性が低いとみられる

ウォール・ストリート・ジャーナル:コインベースの解雇要求は可能性が低いとみられる

専門家らは、上場トークンが有価証券ではないことを証明するのが難しいことを指摘し、コインベースと米国証券取引委員会(SEC)との法的争いの迅速な解決には懐疑的だ。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、17月XNUMX日に予定されているコインベースの解任要求は、法務・金融関係者らからは遠い目標とみなされている。弁護士で元SEC執行支局長のリサ・ブラガンサ氏は、コインベースがそのプラットフォームに上場されている資産が有価証券ではないことを証明する際に直面する大きな課題を挙げ、訴訟が却下されることに疑問を表明した。

「Coinbaseは、自社のプラットフォームにリストしている種類のコインは有価証券ではないと主張しており、それを証明するのは非常に困難になるだろう。」 – リサ・ブラガンサ

関連する展開の中で、みずほ証券のアナリスト、ダン・ドレフ氏は、不利な結果がサービスの分離につながる可能性があるため、コインベースの収益のほぼ3分の1が「危機に瀕している」と強調した。現在、Coinbase は、ファンドの資産総額に基づく手数料で 8 つのスポットビットコイン上場投資信託 (ETF) のカストディアンとして機能することに加え、取引、ステーキング、資産保管などのさまざまなサービスを提供しています。

2023年2019月、SECはコインベースに対し、同仮想通貨取引所がXNUMX年以来ブローカー、全国証券取引所、清算機関として登録せずに米国で運営されていたとして訴訟を起こした。SECは、同取引所に上場されている資産の多くが、有価証券とみなされます。

これに対し、コインベースの最高法務責任者ポール・グレワル氏は、取引所を告訴するというSECの決定を「恣意的かつ気まぐれ」で「裁量権の乱用」であると批判した。コインベースは米国の裁判所に対し、仮想通貨業界に対する明確なルールを確立するよう何度か試みているにもかかわらず、ゲイリー・ゲンスラーSEC委員長は「既存の法律や規制が仮想通貨証券市場に適用される」と主張し続けている。

source

参加しませんか

12,746いいね
1,625フォロワー続きます
5,652フォロワー続きます
2,178フォロワー続きます
- 広告 ​​-