暗号化のニュースフランクリン・テンプルトン、イーサ・スポットETF申請でデジタル資産分野に参入

フランクリン・テンプルトン、イーサ・スポットETF申請でデジタル資産分野に参入

フランクリン・テンプルトンは最近、イーサ・スポットETFの申請を開始し、従来の金融の領域とデジタル資産の領域を融合させようとする事業体のダイナミックな領域に自らを位置づけた。

申請書は、対象となるETFが投資家にイーサリアムの直接取得、保管、取引のためのアクセス可能なオプションを提供するように設計されており、この仮想通貨と関わるための革新的な手段を提示していることを明らかにしている。

この開発は証券取引委員会 (SEC) による認可に従って行われています。 Bitcoin ETF 発行者は21月初めに、フランクリンをそのような商品を発売する十数社の選ばれたグループの中に入れた。同社は、アークXNUMXシェアーズのような戦略を反映し、ファンドが蓄積したイーサをステーキングする可能性に強い関心を示しており、最近目論見書を修正してステーキング関連の条項を盛り込んだが、これはブラックロックの提出書類にはない特徴だ。フランクリン氏の文書には、同ファンドが信頼できるサービスプロバイダーを通じてステーキングに関与する可能性があり、ステーキング報酬をイーサトークン(ETH)で獲得する見込みがあり、それが収益として認識される可能性があることが示されている。

現在ETHの全供給量の約25%がステーキングされており、ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジェームス・セイファート氏の予測では、60月までにSECにゴーサインスポットETH ETFが発行される可能性はXNUMX%であると示唆されている。

source

参加しませんか

12,746いいね
1,625フォロワー続きます
5,652フォロワー続きます
2,178フォロワー続きます
- 広告 ​​-