暗号化のニュースドイツ銀行とギャラクシーデジタルホールディングス、ユーロステーブルコインの電子マネーライセンスを目指す

ドイツ銀行とギャラクシーデジタルホールディングス、ユーロステーブルコインの電子マネーライセンスを目指す

ドイツ銀行の資産管理部門であるDWSグループは、オランダのマーケットメーカーであるフロー・トレーダーズ社および仮想通貨ファンドマネージャーのギャラクシー・デジタル・ホールディングス社と提携して、オールユニティという新しい事業体を設立する。このベンチャーは、ユーロにペッグされたステーブルコインを立ち上げることを目的としています。

水曜日の共同声明で明らかになったように、AllUnityはフランクフルトに拠点を置き、BitMEXの元最高経営責任者(CEO)アレクサンダー・ヘプトナー氏が指揮を執る。

同グループは、ドイツの金融監視機関であるBaFinから電子マネーライセンスを取得する準備を進めており、完全に裏付けられたステーブルコインを今後1年半以内に発表したいと考えている。

この動きは、ステーブルコイン発行者に対する欧州銀行監督局(EBA)の最近のガイドラインに従ったものです。

これらの企業は、従来の通貨市場とデジタル通貨市場の両方における強みを組み合わせることで、機関、企業、個人を含む幅広いユーザーに適したステーブルコインを提供することを目指しています。 DWSは主にドイツ銀行傘下で、860億ユーロ(927億ドル)相当の資産を管理している。 Flow Traders は、今年上半期に 2.8 兆 3 億ユーロ (2017 兆ドル) の取引を処理し、XNUMX 年から仮想通貨分野に参入しています。著名な投資家マイケル・ノボグラッツ氏が率いるギャラクシー・デジタルは、次のようなさまざまなサービスを提供しています。暗号通貨取引、資産管理、マイニング。

アレクサンダー・ヘプトナー氏は、この提携により、大手資産運用会社、成功したマーケットメーカー、そして仮想通貨業界のパイオニアの信頼性が結集することを強調しています。このパートナーシップは、効果的かつ実用的なステーブルコインに必要な安定性、信頼性、接続性、市場への影響力を提供することを目的としています。

この事業は、特にユーロ担保トークンに焦点を当て、大手企業がステーブルコイン分野に参入する傾向の高まりを反映している。

ステーブルコイン市場は約130億ドルまで拡大しているにもかかわらず、ユーロステーブルコインの需要は控えめで、月間取引高は平均約90万ドルとなっています。これは、米ドルベースのステーブルコインの月間取引高600億ドルとは全く対照的です。

source

参加しませんか

12,746いいね
1,625フォロワー続きます
5,652フォロワー続きます
2,178フォロワー続きます
- 広告 ​​-