暗号化のニュースアルトマンのビジョン: AI の直観と理性への旅

アルトマンのビジョン: AI の直観と理性への旅

機械は人間の多様な知性に匹敵する可能性を持っていますか? OpenAI は、最新の言語モデル GPT-3 でさらに近づいていることを示唆しています。

OpenAI の CEO、サム アルトマンは、ウォール ストリート ジャーナルとのチャットで、AI の将来の方向性についての見解を述べました。 「将来的にはAIモデルに必要なデータが減り、推論能力にもっと集中できるようになるかもしれない」とアルトマン氏は語った。彼は、AI の次の段階は人間のような思考や直感に似ているかもしれないとほのめかしています。

人間の柔軟性と実用性を備えた究極のAIは、汎用人工知能(AGI)と呼ばれます。アルトマン氏は、これを「人間のタスクと同等の多くの領域にわたって機能するシステム」と説明しています。

OpenAI は AGI の達成に熱心に取り組んでおり、AGI に向けた使命と価値観を再調整しました。 ChatGPT の導入はゲームチェンジャーでした。 GPT-4 や GPT-4V などの後継機種はテクノロジー界に旋風を巻き起こしました。今日、ChatGPT の機能が人間の可能性にますます近づくにつれて、フレンドリーなチャットボットの交換から職務全体の置き換えまで、人間の能力と AI の能力の間の境界線は曖昧になってきています。

2018 年以降、OpenAI は AI から AGI に意図的に移行し、大規模なデータセットと人間の対話からの深層学習を備え、ChatGPT に、これまで機械では到達できないと考えられていた理解力と意見を形成する能力を与えました。

ChatGPT とそれに相当するものは、深い反省を促します。真の知性は意識なしに存在できるのでしょうか?機械には「魂」があるのでしょうか?これらの実存的なクエリはより頻繁に議論されるようになり、今日の AI で人間のような知能を検出するものさえあります。

インタビューでのもう 1 つの注目のトピックは、データの使用です。データプライバシーが最重要視される世界では、OpenAIがデータをどのように利用するかが注目されることになる。アルトマン氏は次のように述べています。「私たちは、人々が快適に使用できるデータのみを使用したいと考えています。私たちはこの新しいモデルがすべての人に利益をもたらすことを望んでいます。」同氏は、データの所有権と情報の流れを再考する必要性を示唆した。

アルトマン氏は将来について、AI の可能性に期待を抱いています。彼は、人間と AI がお互いの長所を活かして調和のとれた共存を構想しています。 「AGI は、これまでで最高のツールになる可能性があります。それは無数の課題を解決し、新しい創造的な表現方法への道を開くのに役立ちます」と彼は意見しました。

しかし、AI の将来については専門家の間でも意見が分かれています。アルトマン氏やメタ社の主任AI科学者ヤン・ルカン氏らはAI支持者だが、注意を促す人もいる。元 OpenAI のポール クリスティアーノから「AI のゴッドファーザー」元 Google のジェフリー ヒントンまでの著名な人物は、AI が複雑で二極化しているテーマであることを示しています。

AI が人間のような推論に近づくにつれて、倫理的および哲学的なジレンマが生じます。アルトマン氏は、OpenAI が集団的なアプローチに熱心に取り組んでいることを強調し、「社会の要望に従う」という同社の意欲を強調した。

AI技術が進歩するにつれて、哲学的な意味合いは深まるばかりだ。これらの「知的な」機械が私たちよりも思考力が高く、人間の知性が不要になる可能性があります。

今日の GPT-4 はその人間に近い考え方に驚かされますが、その本質、そして OpenAI のイノベーションの精神を真に形作っているのは誰なのかについては、さらに大きな疑問があります。

source

参加しませんか

12,746いいね
1,625フォロワー続きます
5,652フォロワー続きます
2,178フォロワー続きます
- 広告 ​​-